読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【4月28日】開発公式放送の内容サマリー

f:id:NesT_chan:20170428152336p:plain


■配信内容サマリーと、(大して内容がなかった)今週のフォーオナーを一緒にお届け 

■シーズン2
シーズン2「SHADOW&MIGHT」は2017年5月16日リリース
・新ヒーローは「シノビ」「センチュリオン
f:id:NesT_chan:20170428152331p:plain
シノビ(サムライ アサシン) 
シノビは無慈悲な武士であり、(肉体的にも)精神的にも訓練されています。彼らは伝統的な日本の鎖鎌を身につけ、舞うように攻撃し、正確な死をもたらします。

f:id:NesT_chan:20170428152356p:plain
センチュリオン(ナイト ハイブリッド) 
センチュリオンは戦場をチェス盤のように見る戦士です。センチュリオンは信頼性の高いグラディウスを装備し、戦略的な近接戦闘で敵の防御を回避することができます。


・新ヒーローアンロックには、シーズンパス所持者は無料で5月16日から使用可能
・シーズンパス未所持者は5月23日からアンロック可能、それぞれ15,000スティールが必要
・2つの新マップが追加「鍛冶場(Forge)」「寺院の庭(Temple garden)」
・シーズン2でドロップする新ファッション装備(名誉付きファッション)
・シーズン2開始時に装備品効果のオーバーホールを実施する
ギアスコア108を超えて増加する装備品の新ティアー「エピック」が登場

 ■シーズン1振り返り
・今週から開発放送は毎週木曜日になる予定。
・PC版でクラッシュ問題する原因が特定され、修正進行中
・コンソール版のパッチをアップするにはメンテが必要
・ファンクションウォーのシーズン報酬問題の修正が進んでいるが、問題がある場合、サポートに連絡をしてくだい
・PC版におけるマッチメイキング問題は最優先事項として解決をする
・レイダーバフは作業中。作業量が多くてパッチに入れられなかった
・マッチングでプレイヤーを見つけることができなかった問題を修正
・新エクセキューションが追加
・ファンクションウォーシーズン1はヴァイキングが勝利
・ファンクションウォーのオフシーズンは3週間続く

【Update】パッチノート1.06 和訳

f:id:NesT_chan:20170422042844p:plain

このタイトルのアップデートは、4月25日(火曜日)にPCで最初に利用可能になります。コンソールバージョンは認証プロセス中で、後ほどアップデートされます。


■接続関連
ネットワーク
・プレイヤー間のデータ交換おいて、ネットワーク変動への対策を向上
・特定のネットワーク環境下でのマッチ向上させるために、データ交換占有率を削減


パフォーマンス
・ゲームメニューとマッチの両方でフレームレートが向上
・周辺のレベルディティールがマッチ中に動的調整され、最適なパフォーマンスを確保
・[Bug Fix] XBOXホームパネルを開いているときのパフォーマンスの低下を修正


開発者のコ​​メント:ゲームのパフォーマンスが特定の値を下回る特定の状況で復帰が難しく、最終的には回復不能なポイントに達したため停止することがありました(エラー06000018および06000021とよく見られます)。
これらのネットワークとパフォーマンスの最適化は、ゲームの安定性に影響を与える可能性のあるゲームの領域をターゲットにしているため、優先順位が付けられました。これらのエラーは依然として発生する可能性がありますが、根本的な原因のかなりの部分に対処したと考えています。さらに、ネットワーキングの最適化は、接続が悪いプレイヤーが他のプレイヤーに与える影響を軽減します。

 

セッション/マッチ
・再戦までのタイマーを90秒から60秒に減らしました。
・ジョイン進行をマッチ終了後に有効にできるようになりました。アップデート後に開発側で機能を有効にすると、セッションを離れるプレイヤーは新しいプレイヤーに置き換えられます。新しいプレイヤーが頻繁に出現することができます。
・[Bug Fix]特定の条件下で、試合中にセッションが分割され、各プレイヤーがボットでセッションを終了するバグを修正しました。


開発者のコ​​メント:試合後にセッションを離れる人数が多すぎる場合、新しい試合を開始することはできませんでした。試合終了後に追加プレイヤーのジョインを許可することにより、新しいマッチが開始されるようになります。

 

メッセージング
・ホストが離脱したときの再同期とセッション移行を区別するために、再同期メッセージを追加


ゲーム操作
・迅速な安定性の調整を可能にするため、サーバー側のネットワーク構成を追加
・特定種類の問題を診断する能力を向上させるため、シミュレーションのエッジケースの監視を追加


開発者のコ​​メント:これはゲームの安定性に関する状況把握の理解を深め、改善し、より多くの改善をもたらすのに役立ちます。

 

■バトル
出血
[Bug Fix]出血は、もはや接触なしでは適用されません。


開発者のコ​​メント:野武士の出血バグを修正しましたが、それはまだピースキーパーに残っていました。確実に解決するために、すべてのキャラクターに対する出血攻撃を全て確認し、スタン攻撃についても、これらのバグを特定していないにもかかわらず同様の修正変更を加えました。

 


■ヒーロー修正

■ピースキーパー
・弱攻撃チェーンの弱攻撃2発目の始動を100ms遅く変更
・弱攻撃チェーンが割り込みブロックされた際の操作復帰は600msから700msに増加
・チェーンヒット時に弱攻撃チェーン再使用まで500msから700msに増加


開発者のコ​​メント:現在のピースキーパーの弱攻撃>弱攻撃 スパムは早く、2発目の弱攻撃に反応するのは非常に難しいです。単純に2発目の弱攻撃を遅くすることでピースキーパーの早い攻撃というコンセプトを修正したくありませんでした。
代わりに、チェーン攻撃フィニッシュまで繋げなければ、ブロックとヒットで弱攻撃再開までの操作復帰の時間を増やして、ピースキーパーに不利なフレーム状態としました。
ピースキーパーは有利フレームのイニシアチブを失ったため、弱攻撃をスパムし続けると、反撃に弱攻撃を受けるでしょう。

 

■ロウブリンガー
・[Bug Fix] 対戦相手がスタンスを変えた場合、ショヴ後の軽攻撃がブロックされる
・ショヴ攻撃の効果範囲を更新しました
・ショヴと弱攻撃の効果範囲を更新


開発者のコ​​メント:私たちの最新のアップデートでは、ショヴの問題を紹介しました。スタンスそのままではブロックできませんが、スタンスを切り替えるとブロックできました。私たちはこれを決してブロックすることができないように修正しています。
エフェクトアップデートの領域では、ショヴと弱攻撃を簡単にかわすことができます。

 

■ウォーデン
・ショルダーバッシュキャンセルからのガード崩しタイミングは、起動の終了前100ms前から300msに短縮
・完全チャージされたショルダーバッシュ起動時の阻止不能付与のタイミングが、改訂されたガード崩しキャンセルタイミングと一致するように100ms短縮
・ショルダーバッシュから即座に通常状態に戻せたが、ガードできない200msを付与
・完全チャージされたビジュアルとオーディオのエフェクトは、キャンセル可能なタイミングが終了すると再生されます。
・ショルダーバッシュをミスした時の操作復帰が700msから800msに増加
・[Bug Fix] ショルダーバッシュでウォーデンがヒットして回ってくる問題を修正
・[Bug Fix] ショルダーバッシュが範囲外ターゲットを押す能力が、ロックされたターゲットと重なっていない


開発者のコ​​メント: ウォーデンのショルダーバッシュは、ガード崩しによってギリギリまで遅くキャンセル可能で、ウォーデンが敵をかわすのを待って確定のガード崩し状態を得ることができました。
ウォーデンがこの動きで相手に多くのプレッシャーをかけることを望みますが、読み合いを強制し、相手の動作に反応してから対応できるような利点を持たせたくありません。
相手はショルダーバッシュをかわすのを待つのか、ガード崩しに入るのか、お互いを読まなければなりません。ウォーデンはまだショルダーバッシュを開始した後に何をすべきかを決める力はたくさんありますが、それ以上の関係した要素が必要です。 

 

バーサーカー
・[Bug Fix]投げたときの問題を修正

開発者のコ​​メント:最新のアップデートで回帰を導入しました。投げのよろけ中にバーサーカーの強攻撃(左右)から強攻撃(上)に持ち込むのが確定しないようにノックダウンしました。今回の変更により、パッチ1.05.1以前の状態へのフォローアップを復元しています。


■大蛇
・迅雷は阻止不能が追加
・ムーブセットページに阻止不能スタンスアイコンを追加
・[Bug Fix] 迅雷が発動した時、常にオロチの正面なるように回転を固定


開発者のコ​​メント:迅雷は非常に遅く、ダメージの高いの動きです。
迅雷をチャージしている間、オロチには、ガード崩しへのキャンセル、回避へのキャンセル、疾風へのキャンセルのような、相手に応じた行動のオプションがあります。
迅雷に阻止不能がなければ、これらの選択肢を使うチャンスの時間がしばしば否定され、その変化する動きは役に立たないと感じました。大蛇がこれらのオプションを使用する機会を与えるため、阻止不能を追加します。


■守護鬼
・鬼の突撃は接触してもノックダウンしなくなる修正
・鬼の突撃の始動400msは完全に回避可能
・鬼の突撃の軌道はもはや移動操作で調整することができない
・鬼の突撃中にスタミナをは回復しない


開発者のコ​​メント:守護鬼が鬼の突撃によりノックダウンさせ強攻撃を確定させるために、ロックを外してプレイするのは楽しいことではありません。
接触時のノックダウンを取り除くことで、1v1の状況での攻撃手段を減らしつつ、機能として維持したいと考えています。

 

 

 

面倒なんで、2つに別けました。

【4月21日】今週のフォーオナー

f:id:NesT_chan:20170422014607j:plain

転載元:This Week in For Honor - 4/21/2017 | Ubisoft (CA)


今週のフォーオナーは、イベント情報などと一緒に、来週PC版に適用が予定されているVer1.06パッチノートの2部構成となっております。

■Ver1.06 パッチノートはこちら


ご挨拶

For Honorの新しい一週間!
先週、モントリオールのスタジオで2回目のコミュニティワークショップを開催し、世界中から8人のコミュニティメンバーを集めました。
トッププレーヤーから、社内プレイテストでは不可能であった多くフィードバックを受けることは、開発チームにとって本当に有益な経験になりました。


今週、プレイステーション4とXbox One にVer1.05を適用しました。
コンソール版のプレイヤーも最新のバランスの変更や修正を楽しむことができます。
ここでパッチノートを見つけることができます。
このアップデートでは、コントラクトオーダーはPvP・PvEに関係なく完了できるようになりました。
最後に、我々はコンソール上で新たなAFK検出システムの改善を行っています。
AFK検出は非変化/一定コントローラ入力をAFKとして扱い、一定時間後に試合から排除します。(ブロウルとエリミネーションで死んだ状態では適用されません)


我々はまた、ゲームを安定させることに焦点を当てた今後のタイトルアップデート1.06のパッチノートを共有しています。このアップデートは、火曜日にPCで、そして後でコンソールで公開される予定です。
今週は新しいエリート服をゲームに追加し、新しいコミュニティイベントオーダーを実施します。以下の情報をご覧ください。


Emile "SpaceElephant" Gauthier、コミュニティ開発者

 

新エリート衣装

12種類の各派閥は独自のスタイルの新しいエリート衣装が利用可能になりました。
・ナイト   :遍歴の騎士
・ヴァイキング:狂気の狼
・サムライ  :夜の花
これらはヒーローのカスタマイズメニューにあり、Steelを使用して取得できます。

 

今週のイベントオーダー エクセキューション

f:id:NesT_chan:20170422014608j:plain今週のイベントオーダーはエクセキューションです!
コミュニティとして、ドミニオンPvPマッチにてエクセキューションをしてください。このイベントは、4月21日午後2時に開始され、4月24日に午後4時に終了します。オーダーが完了すると、すべてのプレーヤーに報酬としてスティール2000が配布されます。

 

ファンクションウォー更新

f:id:NesT_chan:20170422014602j:plainシーズン1 ラウンド5は最終戦であり、既に勢力間の領土争いの応酬が繰り広げられている。
前回、ナイトとサムライはヴァイキングの領土を深く押し込んだ。しかし、一度後退したヴァイキングは再びリードを取ることができました。
西側の前線は現在ナイトとヴァイキングの緊張した戦いですが、サムライも関与しています。東側の前線はサムライとヴァイキングとの一進一退が続いています。
ヴァイキングとサムライの両方がそれぞれ2ラウンドを勝利しており、ナイト勢力がラウンド5の勝利となる場合、シーズン1の最終的な勝者は今まで配備された戦争資産の総量に基づいて決定されます。ファンクションウォーにおいて、重要な今週末となります。

 

コミュニティークリエイティブ
この記事でクールなコミュニティクリエイティブを紹介することを嬉しく思っています。
RedditTwitterでアートを送ってください!

 

 オーディンの弟子 - TitleTownRelo(https://titletownrelo.tumblr.com/) 

f:id:NesT_chan:20170422020934j:plain

LoveBringer - Lokhammer(https://www.reddit.com/r/forhonor/comments/66ay99/lovebringer/

f:id:NesT_chan:20170422020941j:plain

【4月15日】開発公式放送の内容サマリー

f:id:NesT_chan:20170401020358j:plain

今週の開発放送のサマリーです。今回は2部構成で、前半がアップデート関連、後半はプレイヤーを招待してのゲームプレイ大会となりました。新しい情報は少なめです。


Warrior's Den Weekly Livestream - April 14th


■新情報
 ・今週のフォーオナーでコミュニティからのついて質問に答えています。
 ・ナイト勢力は「シーズン1の勝者にはなりません」
 ・PS4版による入力のデットゾーン問題については近いうちにパッチにて対応*
 ・次のアップデート ※詳細は次回以降!
  ・守護鬼の鬼の突撃:弱体
  ・ウォーデン連続攻撃:弱体 ※Twitterでご指摘があり修正
  ・ピースキーパー 弱攻撃:弱体 
  ・ガン待ちのディフェンスメタを変える修正
 ・DLC(新ヒーロー)については情報なし
 ・色覚異常を持つ人へのカラー調整を開発中で来月適用予定*
PS4版はPCやXboxに比べ入力反映がされない領域が大きく、さらに遅延するため、本来ガードできる攻撃をガードする事が非常に難しく問題になっていました。
※日本では色覚異常を持つ人は少ないのですが、白人には多いため対応の配慮が必要です。

 

■アップデートスケジュール
今回の放送で一番大きいニュースです。
今週を基準にしていますので、来週にPS4/XboxOneにVer1.05が配信
2週間後にPC版に操作関連の修正(デッドゾーンなど)とヒーローバランスのVer1.06配信
3週間後にPS4/XboxOneにVer1.06が配信されるスケジュールとなっています。

f:id:NesT_chan:20170415025336j:plain

 

 


感想: 

操作性についての修正がVer1.06ある事は結構いいですね。PC版をプレイしていると、PS4版の操作性の悪さにはほんとイライラしていました。この操作関連が修正されるとガードに起因した一部イライラな所も改善されるといいですね。
新ヒーローはVer1.06のアップデートが来た後に情報が来そう。あと3週間はお預けかもしれません。

【4月13日】今週のフォーオナー

f:id:NesT_chan:20170414182612j:plain

転載元:This Week in For Honor - 4/06/2017 | Ubisoft (US)

 

2週間前から始まった「今週のフォーオナー」の和訳です。
文章量が多くて訳すのめんどくさいし、ストリーミング配信で言われている内容と被っているのですが、今週の内容は放送前であったため、新しい内容があったため訳すことにしました。書くネタも少ないので。


今週のフォーオナー

ご挨拶

ご支援いただき、ありがとうございます。
このアップデートで見たいトピックの提案があれば、TwitterReddit、またはフォーラムで共有してください!

今週は、Xbox OnePS4用の最新アップデート(バージョン1.05)をリリース向けて取り組んでいます。週初めにSonyMicrosoftに提出されました。来週に承認されたら、パッチを公開します。

私たちのチームはまた、ゲームの世界的な安定性を向上させるための作業を続けており、今後数週間で多くの修正を統合する予定です。
最近再導入されたマップ(高台の要塞と川の要塞)は、正常に機能しています。


コミュニティ側では今週、第2回コミュニティワークショップを開催しています。そこでは8名をスタジオに招待し、For Honor開発者とバランスについて議論します。
これはプレイヤーと連絡を取り、今後のコンテンツに関する最新のフィードバックを得る素晴らしい機会です。私たちはこれからもっと多くの、様々なプレイヤーを招待していきます。 ※過去タイトルの同様の試みから日本は該当しないと思います。


今週は、Game Director ”Roman Campos-Oriola”と1.05アップデートに関するコミュニティからの質問に答え、派閥戦争の最新ラウンドについて解説します!
また、野武士にスポットライトを当てて、アートチームのインスピレーションを共有させていただき、フォーラムやYouTubeにいくつかの素晴らしいコンテンツを掲載します。
さらに、今後予定されているゲーム内の週間コンテンツ、将来のイベントオーダーに関するアンケートを実施します!

- Emile "SpaceElephant" Gauthier、コミュニティ開発者

 

ゲームディレクター”ローマン”に5つの質問


1. ロウブリンガーとバーサーカー(質問者:Emitale)
Q.「もっとやるべきこと、考えるべきことがある」と言われていますが、全体的に本当に大変な作業であったかと思います。
ロウブリンガーは、複数のユーザーがテストした結果、ガードの入力が一貫していないので、現在は入力が奇妙で直感的な入力が行えない。
バーサーカーが消耗時の相手に強攻撃2回が確定するのは間違いでしたか?それともパッチの意図しない結果ですか?

ローマン:ロウブリンガーに関して(ガード入力が一定ではないのは)実際にはバグがあり、我々はそれを調べている。ショブから弱はガードできないけど回避はできるようにする。
バーサーカーは消耗時のアニメーションの不具合を修正して、元に戻すことを目指している(グリッチではない)


2.防御メタと大蛇(質問者:recklessyire)
Q.ガン待ち防御のプレイスタイルの相手に、大蛇がどうにもならないのですが。

ローマン:我々はまだ選択肢を検討している。データは大蛇が現在比較的バランスのとれた状態である事を示しています。
まず防御的なメタに対応してから、過度に防御的なキャラクターに対する選択肢を改善して、改めて大蛇を見ます。


3.反撃のモードの仕様(質問者:pure_energist)
Q. UBIがこのゲームのメカニックに何を意図していたかについて多くの議論があります。今回の弱体化では、それはグループカウンター攻撃ではなく、複数の敵に攻撃されたときに落ち着くタイミングを提供する方法であり、短期間の脱出または地面の維持を可能にするように設計されています。今後このメカニックがどのように利用されることになっているかについて明確なビジョンを教えてください。

ローマン:逃げる/落ち着くというの短い猶予時間を与えることを意図しているが、反撃モードをうまく使うと、敵チームの1体を倒すことを意図しています。
(1.05パッチで)あなたは常に敵に囲まれたときに反撃モードにになるはずではありません。あなたが一人で囲まれていると言うことは、チームメイトが失敗したか、チームとは違った場所に居るという事です。
我々は、より多くのデータを集めるにつれて、反撃の利益と利益についていくつかのバランスを取っていきます。


4.ガード崩しフェイント(質問者:EnderVex)
Q.あなたはガード崩しフェイントとソフトフェイントに精通していますか?もしそうなら、あなたはこれで何をするつもりですか?
https://www.youtube.com/watch?v=_GgvpGLVFSY&feature=youtu.be&t=545

ローマン:これらのソフトフェイントはバグです。それらを引き起こす入力は一貫していないので、習得することが不可能です。
最初のステップとして、それらを削除します。しかし、我々はプレーヤーが防御的なメタを解決するのを助けてくれると感じていることに気付きました。
そして、これを実際のゲーム仕様として扱うことを決定したら、信頼できる操作として実装します。


5.鬼の突撃(質問者:Draxel
Q.守護鬼「鬼の突撃」は、リスクが低くリターンが大きいため、チームモードで多くの使用が見られます。トーナメントの試合ではほとんど必須となっています。このメカニックの仕組みを変える計画はありますか?

ローマン:はい、間もなく修正される予定です。その動きはあまりにも強力なので、彼の中心的な動きではなく、守護鬼がいる周辺では混乱を生み出す動作あるはずだった。

 

今週の新しいコンテンツ

今週は、12人の新しい装飾品をリリースします。※すでに適用済み

 

 

ファンクションウォー状況

派閥戦争の第4ラウンドは最後の日に劇的な変化を遂げました。
ナイトは、侍の領土を東方向に推し進める事に成功しましたが、莫大な戦闘を必要としました。ヴァイキングは逆にナイトの領土を掘り下げ、地図のかなりの部分を確保し、2度目の勝利を収めました。

f:id:NesT_chan:20170414183507j:plain

4月5日
彼らの大きな占拠エリアは、第5ラウンドでは非常に優位なポジションにあります。
侍は南東の深い自拠点に押し戻され、ラウンドに勝つためにはかなりの努力が必要です

f:id:NesT_chan:20170414183505j:plain

4月13日
騎士は現在シーズン勝利はできませんが、まだ重要な役割を果たしています。彼らは今シーズンの勝者を決める派閥かもしれない。
彼らは北部のヴァイキングの領土を奪取するために反撃するか、あるいは侍を押し進めて東に戻すだろうか?

 

今後のイベント投票
今週からは、投票を使用してフィードバックを収集します。
今週のあなたの質問は簡単です。
「将来どのようなグローバルコミュニティイベントのオーダーを見たいですか?」
投票はここでフォーラムで利用できます。

 

キャラクターインスピレーション:野武士
私たちのチームは薙刀の野武士の古い写真に触発されていたので、キャラクターの動きを大きく見せるために軽装の服と長いベストを用意することに決めました。
私たちは彼女が舞うであろうと考えて、武器をリズムで揺らしています。
そのため、規律の厳しい僧侶のようなより服装よりも、カジュアルな衣装に焦点を当てて、軍事的な要素の側面を減らしました。
頭装備は、特に神秘的な表情を見せるために歌舞伎からインスパイアされたマスクを忠実(えっ?)に制作しています。

f:id:NesT_chan:20170414183501p:plain

あなたが野武士とそのプレイスタイルについてもっと知りたい場合は、For Honor Legendsが作ったこの素晴らしいNobushi Guideを見てください。
興味深い背景情報、彼女の長所と短所、すべての動き、多くのアニメーションGIFがあります。このゲームガイドの作成に関わった皆様に感謝します!


また、コミュニティによって作られたいくつかの素晴らしい野球のゲームプレイ動画の下に!この種の素晴らしいコンテンツを作成してくれてありがとう!
野武士上級ガイド :TrueUnderDawgGaming
野武士ハイスクール:Klyka

 

エクセキューションガイド:ヴァイキング編

f:id:NesT_chan:20170411022439p:plain

ヴァイキングのエクセキューションの解説動画を投稿しました。
独断で順位をつけたのですが、各種フレーム情報を簡単にコメントしていきます。


テスト環境は60FPSのPC版にて行っております。

 


■レイダー 

f:id:NesT_chan:20170411022259p:plain
全体的に平均的なキル速度と復帰を持っています。特に操作復帰に対する差は60F以内に収まっているため、どれを使っても大きな差は感じないでしょう。
初期から使え、スカルクラッカーは動作も派手で、キル発生124F、操作復帰もレイダー最速であるため無理に購入しないでそのまま使いづける事でスティールの節約ができます。

■ウォーロード

f:id:NesT_chan:20170411022303p:plain

初期のヘッドシザーズが最も優秀な結果となります。
キル発生・操作復帰ともに最速で、特にキル発生は90Fとヘビーにも関わらず最速の部類になります。デュエル以外で継続戦闘をするケースも多いウォーロードには助かるケースも多いと思います。もう一つのシールドバッシュアッパーカットも初期から使える上に使いづらいと感じることはないでしょう。
半面、購入する2つのエクセキューションは遅めに設定されています。


バーサーカー
f:id:NesT_chan:20170411022308p:plain
アサシンにしてはキル発生が最速でも126Fと遅く設定されていますが、特質すべきはヴァルケンハイム!の操作復帰の早さです。ボタンを押してから3秒もかからず操作復帰まで移行します。バーサーカーで1秒を争う場面があるのであれば、5000スティールを使う価値はあります。
他のエクセキューションはアサシンの平均的なものよりもやや遅くなっています。

■ヴァルキリー

f:id:NesT_chan:20170411022311p:plain
ヴァルキリーはエクセキューションにより大きく差があり、最も早いトリックショットと最も遅いゲットホーンでは2倍以上の差があります。
初期で優秀なキル速度と操作復帰を持つ、トリックショットをメインで使用し、デュエルなど相手に対してドヤ顔をするために他のエクセキューションを使用するのが良いかと思います。

 

 

 

 

週明けにでも情報来るかなと思ったのですが、コンソール版のVer1.05の告知こないですねぇ。PCの反応を加味して~とか別バージョンにしてアップデートしそうで怖いです。こういうパターンのアプデは大半失敗する。

【4月7日】開発公式放送の内容サマリー


Warrior's Den Weekly Livestream - April 6th

 

今週の開発放送です。
基本的には同日PCで行われたアップデート内容をなぞる形で進行していましたので、アップデート内容と被る部分は除外しています。
アップデート内容についてはこちらをご確認ください。


 ■PS4/XBOXOne アップデートについて

PC版は6日に配信を行いました。コンソール版についても近いうちに配信します。
コンソール版はプラットフォームの申請や審査があるので、スケジュールが決定したら告知します。


■マッチアップ分布と勝率について
これらは、マッチアップにおけるプレイヤーのスキルレベル分布のグラフです。

f:id:NesT_chan:20170407183921p:plain

右に行くほどプレイヤースキルが低く、左に行くほどプレイヤースキルが高いという形になります。
ほとんどのプレイヤー(75%)はマッチアップスキル12-21の間に存在します。

f:id:NesT_chan:20170407185623p:plain

 

■勝率の分布とリバランスについて

このプレイヤースキル12-21範囲での各ヒーローのデュエル勝率が以下のようになります。

f:id:NesT_chan:20170409031243p:plain

各ヒーローの勝率が45%~55%の範囲に収まることがバランスのスウィートスポットになると考えていますが、実際の所、習熟したプレイヤーのトップ10%のプレイヤースキル帯では異なる結果になります。

 

プレイヤースキル21以上のマッチアップによる各ヒーローのデュエル勝率が以下の通りです。

f:id:NesT_chan:20170409031300p:plain

ヒーロー間のバランスは大きく偏っており、Ver1.05ではこの点からもバランス調整をしています。
バーサーカー/剣聖は強化(Buff)を、コンカラー/ピースキーパー/ウォーロードは弱体(Nerf)を必要としていました。今後もバランス調整は続けていく予定です。

 

■週末のグローバルイベント

今週末にスティール2000を報酬とした、グローバルデュエルイベントを予定しています。