読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【接続改善】ポート開放設定

other For Honor

f:id:NesT_chan:20170313161918p:plain

ネットワークを使用したオンラインゲームだと常識ではあるんですが、週末に配信などなど色々見ていたら、NAT状態が赤(ストリクト)やオレンジ(モデレート)でやっている方が多いみたいなので、ポートを書いておきます。

特にFor Honorの場合接続がマッチングがP2Pなので、ルーターを使用しているのであれば、ポート開放してNAT状態を改善することで、安定した接続ができるようになることがあります。
※家とか回線やプロバイダーとかにもよるので一概にも言えないけどマシになる。

 

ポート解放 ポート情報元:Port Forward For Honor

ポート開放はルーターで設定する必要があります。ブラウザでルーターのIPを入力して、WANとかの項目とかによくある「ポートフォワーディング」で各ハードのポートを入力する。おわり。
※わからなかったら「ルーター製品名 ポート開放」で検索

■PCポート(俗にいうUplayポート)
TCP:80,443,13000,13005,13200,14000-14001,14008,14020-14024
UDP:3075


PS4PSN初期設定に 1935 が追加
TCP:80,443,1935,3478~3480
UDP:3075,3478-3479


XBox One
TCP:53,80,3074
UDP:53、88、500、3074-3075、3544、4500

 

■例:ASUSルーターの場合

f:id:NesT_chan:20170313155545p:plain

・サービス名は適当ForhonorとかPS4とか適当に書く
・SourceTargetも特にいらない
・ポート範囲は 80 とか 3478~3480 とか入れる
・ローカルIPは使うPCやPS4のIPを入力
・ローカルポートはポート範囲と同じ
プロトコルTCPUDPかどちらか

ルーターによってはカンマの区切りも対応してくれるのだけど、対応してないのもあるので、わからなかったから、1個1個登録した方がいいんじゃねーかなと思う。

 

NATがオープンだと何が違うのか?

NATタイプ:オープンであると、自分のハードがP2P接続のロビーサーバーとして使用することができる事を意味ます。ロビーサーバーであれば、Ping時間が最も短いため、最もラグが少なく、シビアな判定を要するFor Honorでは大きなアドバンテージです。

それに対して、NATタイプ:ストリクトは、ゲームサーバーがロビーに接続できなかったため、他のプレイヤーがロビーサーバーになることを意味します。別の人のハードを介してサーバにアクセスしているので、最も遅くて、素敵なラグ体験をしていることでしょう。
※赤回線でガチ勢とか笑わせんな

f:id:NesT_chan:20170313154524j:plain

 

クソめんどくさい

面倒ならば、主に「ゲーミング向け」とかいう製品のルーターを買うとよいでしょう。ゲーミング向けルーターだと、主要なオンラインゲームサービスのポートを開けておいてある事も多いので、それがゲーミングなんだろう。
性能は値段による。安物ルーター使ってればパケットのロスも多い。

個人ではRT-AC88Uを使ってます。ASUSは結構良いルーター作りますね。高いけど。
こいつも主要なゲームサービスだと設定がいらないので楽。高いけど。

 

これを設定してオープンになったとしても、それでもポテトサーバと揶揄されるくらい、UBIのサーバは脆弱なので、他者の接続によって切れることもあります。それがP2Pで色々とモメてる原因でもあります。